2015年03月04日

第45回日本人工関節学会

「人工関節学会を終えて」リハビリ科 理学療法士の三浦です。
今回、2月27日〜28日に福岡で開催された日本人工関節学会に口述発表してきました。

演題名は「PS型人工膝関節置換術後の歩行解析-Single radius vs Multi radius-」で人工膝関節の大腿骨部分の形状の違いによって、歩行動作にどのように影響するかを検証した内容です。発表前はとても緊張しました。そして、お腹の痛みに耐えながらもなんとか無事に発表を終えることが出来ました。

ご指導頂いた、大越院長はじめ諸先生方には感謝してもしきれません。初の全国学会を終え、少しはステップアップ出来たのではないかと思っております。これからも、よりよい医療のために臨床業務、研究発表と頑張っていきたいと思います。ありがとうございました。

1.jpg

2.jpg

3.jpg
posted by 函整ブログ at 13:02| 日記