2017年07月07日

第9回日本関節鏡・膝・スポーツ整形外科学会

6月22日〜24日に開催された第9回日本関節鏡・膝・スポーツ整形外科学会(札幌市)にて、櫻井PT・三浦PTが演題発表しました。今回は各先生に感想と今後の抱負をいただきました。

こんにちは!!!理学療法士の櫻井です。今回、札幌で開催された第9回日本関節鏡・膝・スポーツ整形外科学会に参加し発表してまいりました。
 私は、「健常者における起立動作の生体工学的解析」というタイトルで発表してまいりました。初めての全国学会での発表にあたり、質疑応答の際に質問を十分に理解し返答する事を目標にしました。
質疑応答では、座長の先生から「臨床において起立動作を指導する場合どのような指導がいいのか?」といった質問を頂きました。座長からの質問や他の病院の医師の先生からのアドバイスから、今後、症例群ではどのように動作を行っているのか、健常とどのような違いがあるのかといった今後の課題となるような指導も頂くことができました。
 他の発表では、関節鏡・膝・スポーツ整形外科学会という事もあり膝だけではなくスポーツやアスレチックリハビリに関連する内容のものも多くありました。その中で四頭筋優位でのシングルスクワットとスタージャンプができない選手ではACL損傷を受傷する可能性が高いという内容の発表もあり、日々の臨床業務に活かせるのではないかと思いました。
 今回の学会発表で頂いたアドバイスを、今後の発表に活かしていきたいと思います。

リハビリテーション部の吉田美里です。
6月22日から24日にかけて札幌コンベンションセンターで行われた日本関節鏡・膝・スポーツ整形外科学会に発表のため参加してきました。
 私は「重度膝OA症例の三次元下肢荷重線」という演題で、変形性膝関節症の方々の歩行の特徴について調べた内容を発表させていただきました。全国学会ということで、普段はお会いできない他の地域の先生方からも助言をいただくことができ、大変有意義な機会になりました。
 また学会では、当院でも受診される方が多い “変形性膝関節症” や “膝前十字靭帯損傷” 等の治療や進行・受傷予防に関連する内容も数多く聴講してきました。新しい知見を病院での診療に還元できるよう、これからも日々研鑚していきたいと思います。

20170624_043851172_iOS (1).jpg
posted by 函整ブログ at 00:00| 日記

2017年06月19日

鈴木副院長が講師を務めましたin旭川医大

5月27日に旭川医科大学にて鈴木副院長が「Stryker ワークショップ ブタ膝を用いた半月板縫合ハンズオン」と題したセミナーの講師を務めました。
半月縫合セミナーチラシ_P1.JPG
半月縫合セミナーチラシ_P2.JPG
posted by 函整ブログ at 18:26| 日記

2017年05月13日

ORS 2017 第63回米国整形外科基礎学会

3月19日〜22日に第63回米国整形外科基礎学会(米国・サンディエゴ)で、浮城主任PT・三浦副主任PTが演題発表しました。今回は各先生に感想と今後の抱負をいただきました。

リハビリテーション部、浮城です。
来る3月19日から22日にかけてアメリカはサンディエゴで行われた学会に発表のため参加してきました。初の海外発表ということもあり、緊張感漂う、刺激的な日々を送りました。
このような学会は世界の時流を知ることができる貴重な場です。毎度のことですがセラピストとしても、研究者としても、向上心が駆り立てられます。
一方で、“思考が変われば、行動が変わる”とは言うものの、なかなか上達はしないものです。
棋士の羽生さんは著書『決断力』のなかでこのように述べています。
“私は、才能は一瞬のきらめきだと思っていた。しかし今は、十年とか二十年、三十年を同じ姿勢で、同じ情熱を傾けられることが才能だと思っている。”
日々の診療に加えて、研究を続けることは容易いことではありませんが、医療の発展に貢献し患者さんへ還元できるよう、“より良く・より早く”の理念のもと、継続して精進したいと思います。
末筆ではありますが、学会参加に際し、ご協力いただいたすべての方に心より感謝申し上げます。

こんにちは!リハビリテーション部の三浦です。
今年の3月にアメリカのサンディエゴで開催された米国整形外科基礎学会(Orthopaedic Research Society)にてポスター発表をさせていただきました。今回の会場となったサンディエゴコンベンションセンターはとてつもなく広かったです。特にポスター発表が行われたセイルズパビリオン(Sails Pavilion)という名前が付いた会場は、船の帆を屋根にした超大型の会場でした。これにはとても驚かされ、日本国内の学会とは開催規模がまるで違うなぁとすっかり圧倒されてしまいました。
さて、私の発表についてですが、演題名は「Does the Total Knee Arthroplasty with a Medial Ball in Socket Design Induce Medial Pivot Motion?」で人工膝関節置換術に関する内容でした。発表時間中には2人の研究者に質問されました。彼らは私の拙い英語でも一生懸命ディスカッションして下さり、とても有意義な時間となりました。今後も国際学会で出会う研究者の方々と滞りなく意見交換できるように医学の勉強はもちろん、英語の勉強も一層頑張りたいと思いました。P3210640.JPG
P3230665.JPG
posted by 函整ブログ at 09:21| 日記

2017年03月22日

フットサル部 大会出場!

2017年3月11日、函館アリーナにて「第16回 M’s CUP フットサル大会」が開催され、当院の公式部活であるフットサル部が出場しました。

初のアリーナ開催となった今大会。

昨年は12チーム中9位。
今年は・・・

なんと・・・





12チーム中5位!!昨年を大きく上回る成績でした!!

鈴木先生はじめ、看護師さん、リハビリテーション部の先輩方の普段見ることのできない一面を見ることができとても新鮮でした。

そして皆さん上手い!!とてもかっこよかったです!!

予想以上にとてもハイレベルな大会で驚きました。


次回はさらによい成績を残せるようにフットサル部頑張りたいと思います!


リハビリテーション部 理学療法士 館山

IMG_7213.JPG
IMG_7205.JPG
posted by 函整ブログ at 15:14| 日記

2017年01月16日

第2回 2017キックオフミーティング

2017年1月14日、当院にてキックオフミーティングを開催しました。
「より良く、より早く 2017」をテーマに、大越院長を始め各部門より計8演題の発表がありました。現状に満足せず、更なる医療の質の向上を目指し、全職種で情報を共有し日々の業務に取り組む姿勢を再確認しました。
山本康Ns.JPG
吉村Ns.JPG
事務長.JPG
今後も患者様に選んでいただける病院を目指し研鑽を続けます!
posted by 函整ブログ at 16:04| 日記

2016年11月14日

辻 紗絵選手祝勝会にて

リオデジャネイロ・パラリンピック陸上女子400m(T47クラス)で、見事、銅メダルを獲得した 辻 紗絵選手と鈴木副院長と吉田科長。

函館整形外科クリニックは、これからも 辻 紗絵選手を応援して行きます!

辻 紗絵選手祝勝会 2016.11.11.jpg


posted by 函整ブログ at 16:33| 日記

2016年10月25日

北海道理学療法士学術大会・市民公開講座

平成28年11月6日(日)北海道理学療法士学術大会が開催されます。市民公開講座では当院大越院長が「膝の痛みについて」講演します。ぜひ、お誘いあわせの上ご来場下さい。入場無料となっています。

doc02330420161102083335_001.jpg
posted by 函整ブログ at 09:18| 日記

2016年10月13日

避難訓練を行いました

10月12日 当院にて震災想定による避難訓練を行いました。手術室や回復室の現場を再現し,患者様の安全を速やかに確保するため各部署シュミレーションしながら意見交換を行いました。いざという時、冷静な対応と判断ができるよう、これからも職員一同努めていきたいと思います。

IMG_2139.JPGIMG_2137.JPGIMG_2140.JPG





posted by 函整ブログ at 12:12| 日記

第43回日本臨床バイオメカニクス学会

10月8日〜9日にかけて、北海道立道民活動センターかでる2・7にて第43回日本臨床バイオメカニクス学会が行われました。
当院から浮城主任PTが「人工膝関節二顆置換術におけるoverstuffingが臨床成績に及ぼす影響-運動学・運動力学的解析-」、三浦副主任PTが「Medial pivot TKAにおける歩行、立ち座り動作時の膝関節軸性回旋中心位置」そして大森PTが「健常成人における階段昇降時の膝関節キネマティクスの検討」という演題で発表しました。

今回は全国学会初参加の清水PT・井上PTに感想と今後の抱負をいただきました。

こんにちは!リハビリテーション部 理学療法士の清水健太です。
今回は初めての全国学会に参加させて頂きました。全国学会という大きな場で3名の先生方は堂々たる発表をされていました。初めてでわからない部分が多々ありましたが、様々な視点からの演題発表・意見交換を目の当たりにし、貴重な経験をさせて頂くとともに、大きな刺激を受けました。多くの演題発表を聞き、とても勉強になりました。私も負けぬよう患者さんのために日々勉学に励んでいきます。ありがとうございました!

リハビリテーション部 理学療法士の井上貴博です。
初めて全国的な学会に参加し、見学のみでしたが緊張感でいっぱいでした。
全体的な感想としては、まだまだわからないことが多いが勉強を続けたら面白そうなことがいっぱいある世界だなと思う2日間でした。今後、私が勉強したいと思うことを見つけ、それに向かって頑張れるよう日々努力していきたいと思います。ありがとうございました。

IMG_1596.JPG


posted by 函整ブログ at 12:07| 日記

2016年09月08日

「装具のしくみと健康保険」について勉強会を開催しました!

9月6日、当院にて「装具のしくみと健康保険」について勉強会を行いました。

講師は、当院にて毎週火曜午後と水曜午前に装具製作を担当して頂いている森口義肢製作所の前原伸太さんです。インソールを患者様の状態・用途に合わせた医師の処方により、複数の硬さのブロックから選択し削り出されて行くカスタムメイド作業の様子や、複雑になっていく傾向にある健康保険制度との繋がりを全スタッフで共有しました。

また、森口義肢製作所オリジナルの装具HKB(Hokkaido university Knee Brace)の誕生秘話も紹介され、開発から現在の形に至るまでの試行錯誤の歴史を説明して頂きました。
質疑応答には、患者様により適切により快適に使用して頂くための質問がたくさん飛び交い、充実した勉強会となりました。

IMG_1964.JPGIMG_1971.JPG






posted by 函整ブログ at 21:48| 日記