2017年01月16日

第2回 2017キックオフミーティング

2017年1月14日、当院にてキックオフミーティングを開催しました。
「より良く、より早く 2017」をテーマに、大越院長を始め各部門より計8演題の発表がありました。現状に満足せず、更なる医療の質の向上を目指し、全職種で情報を共有し日々の業務に取り組む姿勢を再確認しました。
山本康Ns.JPG
吉村Ns.JPG
事務長.JPG
今後も患者様に選んでいただける病院を目指し研鑽を続けます!
posted by 函整ブログ at 16:04| 日記

2016年11月14日

辻 紗絵選手祝勝会にて

リオデジャネイロ・パラリンピック陸上女子400m(T47クラス)で、見事、銅メダルを獲得した 辻 紗絵選手と鈴木副院長と吉田科長。

函館整形外科クリニックは、これからも 辻 紗絵選手を応援して行きます!

辻 紗絵選手祝勝会 2016.11.11.jpg


posted by 函整ブログ at 16:33| 日記

2016年10月25日

北海道理学療法士学術大会・市民公開講座

平成28年11月6日(日)北海道理学療法士学術大会が開催されます。市民公開講座では当院大越院長が「膝の痛みについて」講演します。ぜひ、お誘いあわせの上ご来場下さい。入場無料となっています。

doc02330420161102083335_001.jpg
posted by 函整ブログ at 09:18| 日記

2016年10月13日

避難訓練を行いました

10月12日 当院にて震災想定による避難訓練を行いました。手術室や回復室の現場を再現し,患者様の安全を速やかに確保するため各部署シュミレーションしながら意見交換を行いました。いざという時、冷静な対応と判断ができるよう、これからも職員一同努めていきたいと思います。

IMG_2139.JPGIMG_2137.JPGIMG_2140.JPG





posted by 函整ブログ at 12:12| 日記

第43回日本臨床バイオメカニクス学会

10月8日〜9日にかけて、北海道立道民活動センターかでる2・7にて第43回日本臨床バイオメカニクス学会が行われました。
当院から浮城主任PTが「人工膝関節二顆置換術におけるoverstuffingが臨床成績に及ぼす影響-運動学・運動力学的解析-」、三浦副主任PTが「Medial pivot TKAにおける歩行、立ち座り動作時の膝関節軸性回旋中心位置」そして大森PTが「健常成人における階段昇降時の膝関節キネマティクスの検討」という演題で発表しました。

今回は全国学会初参加の清水PT・井上PTに感想と今後の抱負をいただきました。

こんにちは!リハビリテーション部 理学療法士の清水健太です。
今回は初めての全国学会に参加させて頂きました。全国学会という大きな場で3名の先生方は堂々たる発表をされていました。初めてでわからない部分が多々ありましたが、様々な視点からの演題発表・意見交換を目の当たりにし、貴重な経験をさせて頂くとともに、大きな刺激を受けました。多くの演題発表を聞き、とても勉強になりました。私も負けぬよう患者さんのために日々勉学に励んでいきます。ありがとうございました!

リハビリテーション部 理学療法士の井上貴博です。
初めて全国的な学会に参加し、見学のみでしたが緊張感でいっぱいでした。
全体的な感想としては、まだまだわからないことが多いが勉強を続けたら面白そうなことがいっぱいある世界だなと思う2日間でした。今後、私が勉強したいと思うことを見つけ、それに向かって頑張れるよう日々努力していきたいと思います。ありがとうございました。

IMG_1596.JPG


posted by 函整ブログ at 12:07| 日記

2016年09月08日

「装具のしくみと健康保険」について勉強会を開催しました!

9月6日、当院にて「装具のしくみと健康保険」について勉強会を行いました。

講師は、当院にて毎週火曜午後と水曜午前に装具製作を担当して頂いている森口義肢製作所の前原伸太さんです。インソールを患者様の状態・用途に合わせた医師の処方により、複数の硬さのブロックから選択し削り出されて行くカスタムメイド作業の様子や、複雑になっていく傾向にある健康保険制度との繋がりを全スタッフで共有しました。

また、森口義肢製作所オリジナルの装具HKB(Hokkaido university Knee Brace)の誕生秘話も紹介され、開発から現在の形に至るまでの試行錯誤の歴史を説明して頂きました。
質疑応答には、患者様により適切により快適に使用して頂くための質問がたくさん飛び交い、充実した勉強会となりました。

IMG_1964.JPGIMG_1971.JPG






posted by 函整ブログ at 21:48| 日記

2016年08月09日

第8回日本関節鏡・膝・スポーツ整形外科学会

こんにちは!
リハビリテーション部 理学療法士の三浦です!
7月28日~29日にかけて、夏真っ盛りの福岡国際会議場にて開催された第8回日本関節鏡・膝・スポーツ整形外科学会に参加させて頂きました。
当院からは大越院長、浮城理学療法士主任、井野非常勤理学療法士も参加致しました。
井野先生は「ACL再建術が歩行動作中の膝関節運動・運動力学に及ぼす効果」と「歩行時における変形性膝関節症の回旋中心-Medial pivot vs Lateral pivot-」の2演題で前者の演題においてはパネルディスカッションという錚々たる研究者の中に混ざり堂々と発表されておりました!
浮城主任は「膝内側および膝蓋大腿関節症に対する組み合わせ二顆置換術(BiKA)後の運動学的・運動力学的解析」という演題で発表しました。浮城主任も動作解析から手術分野にいたる幅広い質問にも堂々と応答されておりました!圧巻でした!
ちなみに私は、「正常膝関節における軸性回旋はmedial pivot patternか?」と「歩行におけるmedial pivot型TKAの軸性回旋中心位置」という2演題を発表させて頂きました。
私の演題でも、たくさんの先生方から質問を頂き活発な意見交換が出来ました。大きな学会でドクターを始めとした医療人の先輩方と相対して議論するのは毎回緊張しますが、とても勉強になり、また刺激も受けます。これからも研究を行い得た知見を医療の発展および日々の臨床業務で患者様に還元出来るよう努力していきます。学会後は会場近くの「もつ幸」でモツ鍋を頂きました。リーズナブルかつ美味で、あのモツの甘さはやみつきになります。福岡に行く予定のある方はぜひご賞味ください。ありがとうございました! 

IMG_6003.JPG

posted by 函整ブログ at 18:42| 日記

2016年07月25日

プロバスケ「函館カップ」会場ドクター

函館カップ「レバンガ北海道vs青森ワッツ」が、7月23日(土)〜24日(日) 函館アリーナにて開催されました。

ミニバス・ジュニアの交流戦、選手によるバスケットボールクリニックなどレバンガ北海道の地域貢献事業である大会で、当院の鈴木副院長が会場ドクターを務めました。

IMG_9440.JPG
posted by 函整ブログ at 08:27| 日記

2016年06月20日

第131回北海道整形災害外科学会

6月4、5日に函館アリーナにて第131回北海道整形災害外科学会が行われました。
当院からは理学療法士の浮城先生、三浦先生、大森先生、井野先生の4名が発表しました。
今回は各先生に感想と今後の抱負をいただきました。

理学療法士の浮城健吾です。
この学会は北海道で整形外科に携わる者にとって,『礎』のような学会です。
函館開催ということもあり,多くの職員も参加することができました。
普段の研究の成果がどのように発表されているのかを知る良い機会だったと思います。
私達の研究内容はリハビリのみでなく,医師をはじめ,看護師・クラーク・アシスタン
トの方々の協力なくして完成させることはできません。
この場を借りて,感謝申し上げる次第です。
医療は日々進歩し続けています。
より良く・より早い医療を提供するため,今回得た知見を日々の臨床,患者さんに還元
していきたいと思います。

理学療法士の三浦浩太です。
第131回 北海道整形災害外科学会にて人工膝関節についての研究を発表させていただきました。質疑応答では沢山の先生方から質問をいただき、大変有意義な時間となりました。これからもさらに勉強をして、臨床と研究の両輪で頑張っていきたいと思います。ありがとうございました。

理学療法士の大森啓司です。
今学会にて口述発表してきました。
初めての学会ということもあり、1週間ほど前から食欲がなく、少しダイエットに成功しました。笑
6月4日は浮城理学療法士、三浦理学療法士、井野理学療法士と先輩方の発表を聴き、発表の仕方、質疑応答など改めて凄いなと実感しました。
私が発表した演題名は「健常膝における階段昇降のキネマティクス」というもので、階段を昇る時または降りる時に膝関節がどのような動きをしているのか検証した内容でした。
始めにパソコンが立ち上がらないというトラブルもありましたが、なんとか無事に発表を終えることができて良かったです。
今回ご指導頂いた、大越院長はじめ、先生方には感謝してもしきれません。
次は全国学会で発表を目指し、今後も、日々の臨床業務と研究発表を頑張っていきたいと思います。ありがとうございました。

非常勤理学療法士の井野拓実です。
今学会にて「人工膝関節置換術後における歩行時の軸性回旋中心位置 および キネマティクス」という研究発表をしてまいりました。
本学会、20年ぶり?の函館開催ということで張り切ってがんばってきました。
新しい函館アリーナもきれいでした!
この度は函館整形外科CLから4演題が発表され、本発表はそのなかのひとつとなります。
「よりよく、より早く」の理念の下、このような臨床研究を積み重ねて
よりよい治療やリハビリテーションを患者様に提供できるよう、引き続き一同、
研鑽してまいります。
20160605_004032825_iOS.jpg20160604_053544552_iOS.jpg20160605_020026092_iOS.jpg


posted by 函整ブログ at 15:01| 日記

2016年04月16日

ORS 2016 第61回米国整形外科基礎学会

リハビリテーション科理学療法士の大角侑平です。
3月5〜8日に米国フロリダ州オーランドにて開催されたORS 2016 annual meetingに参加し、ポスター発表を行って参りました。

会場では最新の研究や近年のトレンドに触れる事ができ、大変学びの多い学会となりました。またポスターセッションでは他の先生方とディスカッションをする事ができ、大変貴重な経験となりました。

今回得た経験を日々の業務に還元出来るよう努めたいと思います。そしてまたこの場に立てるよう、今後も精進したいと思います。

image1.jpeg

image2.jpeg
posted by 函整ブログ at 17:09| 日記